第18回川崎市長選挙(2013)の当選者と開票結果と当選者の公約

  • 2013-10-28
川崎市長決まる
Pocket

 

川崎市長選挙2013 当選者と開票結果

更新日時:10月28日0時10分最終更新

※川崎市選挙管理委員会HPより抜粋

当確 候補者名 獲得票数
PPS_koburinaakaibara500 福田 のりひこ(無所属) 142,672
ひでしま 善雄(無所属) 139,814
君嶋  ちか子(無所属) 85,475.

 

※任期満了に伴う川崎市長選は27日投開票され、新人で元県議の福田のりひこ氏(41)が、元市財政局長のひでしま善雄氏(44)、元女性団体役員の君嶋ちかこ氏(63)の2人を破って、初当選を果たしました。投票率は前回より3.27%低い32.82%でした。

 

当選した福田のりひこ氏の公約(HPから簡単に抜歯)

福田氏のHP→ http://fukuda-norihiko.com/

 

1:教育こそ、日本一の川崎に!

2:「母になるなら川崎市」と言わせてみる!

3:“市内需”の拡大で地元企業を大事にする!

4:命を守る! 消防・救急の強化で“いざ”に強い都市に。

5:あー、もったいない!シニア世代の知識と経験

6:県内で一番高い介護保険料からの脱却!

7:無料インターネット環境が世界で最も進んだ都市へ!

8:交通問題は地域経済の柱、市民生活の足。

9:健康は全ての源! 健康寿命を伸ばします。

10:身近なことは区で決める! 権限と予算を“区”に移譲。

11:ドキドキ、わくわくする街は スポーツと文化、そしてお祭り。

12:障がい者雇用で日本一を目指す!

13:「ねぇ、市長!」声が届く、身近な市長に。市民市長は現場主義!

14:1期4年間で3,120万円の市長退職金は廃止!

 

今後、どのように川崎市を導いていくのかみなさんで注視していきましょう!

 

 

関連記事

FBもよろしくね♪

選管アドバイザーに聞く!

ネット選挙運動解禁に伴う有権者のネット活用方法とルールを選管アドバイザーの小島さんにインタビュー♪
動画で紹介しています

【PR】

ページ上部へ戻る