川崎市の投票済証明書

  • 2013-9-1
投票済み証明書
Pocket

 

投票済証明書とは?

 

投票済証明書とは、自治体によって発行される書類です。自治体によって発行されているので表記は統一されて

おりません。投票証明書や投票済証などの名称が使われているところもあります。また決まった形式も

定められていないため、用紙の材質、サイズ、書式も自治体によってさまざまです。

 

投票済証明書はなんの目的で利用されていたか?

 

一昔前は、有権者が投票に行ったことを確認するために玄関口に張らせるなどの行為が行われていましたが、

最近では団体が団体の会員の投票を確認する為に投票済証明書を回収し、確認…ということに利用されています。

また最近では、投票率アップの為に証明書を持参した客に対して割引などのさまざまなサービスを行っている

商店街なども出てきています。

 

川崎市の投票済証明書

 

川崎市でも毎回、投票済証明書の色が違うと川崎市選挙管理委員会から聞いてきました。

選挙のたびにこのページで紹介していきたいと思います。

 

2013年、第18回川崎市長選挙の投票済証明書の紙の色はピンク色です。

 

投票済証明書

 

同年8月に行われた参院選での投票済証明書の紙の色は水色です。

 

2013年8月参院選の投票済証明書

※2013年8月に行われた参院選の投票済証明書の見本

 

今後も、投票に行った時は、この用紙をもらってきて、このページで随時更新していきます。

 

なぜ、毎回色が違うのか!

 

詳しくはわかりませんが、「まぎらわしいから」っと関係者から伺っております。

 次回は何色なのでしょうか?密かに楽しみにしております。

 

 

関連記事

FBもよろしくね♪

選管アドバイザーに聞く!

ネット選挙運動解禁に伴う有権者のネット活用方法とルールを選管アドバイザーの小島さんにインタビュー♪
動画で紹介しています

【PR】

ページ上部へ戻る