事例つきで紹介!参院選2013ではメッセージOK!メールNG!

  • 2013-7-5
なぜメールはダメなの
Pocket

 

やっていいこと悪いことの事例つきで紹介!メッセージ機能とメールの違い

 

最初に、ネット選挙でも現実の選挙運動でも…未成年の方は選挙運動自体が公選法で禁止されているので、ネット上選挙運動はできません。(但し、社会人の未成年者でも事務所内の事務的な作業はできます)くれぐれも未成年者の方は、ツイッターでリツイート…とかしないでくださいね。

 

ネット選挙解禁でインターネット上での選挙運動が2013年7月の参院選からできるようになりました。

 

senkyoakusentoこれに伴い、ツイッターやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用した選挙運動ができるようになり、フェイスブックのメッセージ機能を使った呼びかけや、ツイッターでのリツイート(転載)はOKとなりました。

 

しかし…一般の有権者同士の電子メール解禁は見送られました。

理由は、電子メールは密室性が高いからとのこと。

 

実情ではSNSのメッセージ機能と電子メールはとくに区別されずに使われています。不思議に思っておりますが、法律で禁止されているので従うしかありません。

 

senkyoakusentoでは、認められたフェイスブックなどのメッセージ機能と、未だ禁止されている電子メールと電話番号を使ったSMS(ショートメッセージサービス)の違いは一体なんなのでしょうか?

 

メールに関しては、ブロバイダーから提供されているメールではなく、ヤフー&グーグルで提供しているWEB上で使えるフリーメールを使っている方も多いです。ちなみに提供されているフリーメール(Yahoo・Googleなど)は、WEB上でのサービスであっても、送信方法がSMTP方式(Simple Mail Transfer Protocol:シンプル メール トランスファー プロトコル)を使っており、ブロバイダーが提供している電子メール同様、選挙運動に使うのは禁止されています。

 

あまり面倒なことを書いても、正直よくわからない……と思う方も多いのではないでしょうか?ということで簡単にやっていいこと&悪いことの事例で紹介したいと思います。

 

●やっていいいこと…

例:フェイスブックでつながる友人に、「次の選挙は○○候補をよろしく」と個人的にメッセージを送ること。

例:LINEで友人に「次の選挙は〇〇候補をよろしく」ってメッセージを送ること

例・ツイッターで「〇〇候補をよろしく」ってつぶやくこと

●やってはいけないこと…

例:フェイスブックやLINEで来たメッセージを自分の電子メール(ブロバイダー提供メール&フリーメール)に、コピペや手打ちして友人に送信したりすること

例:ツイッターの友達のつぶやきを、電話番号を使ったSMS(ショートメッセージサービス)にそのつぶやきを打ち込んで、自分の友人などに送信すること

 

すこしでもお役にたてば幸いです。

 

 

関連記事

FBもよろしくね♪

選管アドバイザーに聞く!

ネット選挙運動解禁に伴う有権者のネット活用方法とルールを選管アドバイザーの小島さんにインタビュー♪
動画で紹介しています

【PR】

ページ上部へ戻る